中村しょうさんの吃音・MRM吃音改善プログラム

吃音やどもりと同時に早口という特徴を持っている方

吃音者にはいろいろな症状の方々がいらっしゃいますが、その中でも吃音にプラスして早口の人がいます。

 

こういう人は、話し相手に、せっかちな人とか、落ち着きのない人、だとか、何を言っているかわからないから話したくない人、と思われてしまっているかもしれません。
中村しょうさんの吃音改善プログラムは、このような人にも効果的だということが、実践者の声からわかります。

 

 

自分でも何を言っているのかわからなくなるくらいだと、早めに対処した方がいいでしょう。

 

そして、早口でまくし立てるように話すのに、途中でどもるとそのあとの言葉がでてこないという症状の人もいます。

 

話している相手からしたら「???」となってしまうでしょう。

 

嵐のように来て過ぎ去っていく、そんな印象でしょう。

 

 

そのような人が、電話をとるのが仕事の場合、かなり電話に緊張してしまうでしょう。

 

なんせ、早口で、吃音があり、どもると急に言葉に詰まって話せなくなる…このような症状で、電話をとるということは、かなりのプレッシャーでしょう。

 

しかしこの女性は、中村しょうさんの吃音改善マニュアルで、見事に吃音を克服し、今では電話をとる総務で働いているそうです。

 

元々吃音で悩んでいた人が、電話をとる仕事をしているというのは、他の吃音者の人は勇気が湧いてくるでしょう。

 

中村しょうさんの吃音改善プログラムは、吃音やどもりと同時に早口という特徴を持っている方の力にもなっているのですね。

 

 

MRM吃音どもり改善プログラムはこちら