中村しょうさんの吃音・MRM吃音改善プログラム

吃音は病気でも身体障害でもない。

吃音で小さいころから悩んできた人は、思春期になるにつれて、自分の吃音に関して、

 

「ぼくは病気なのではないか?」「自分は身体障害ではないのか?」

 

と考える時期があるみたいです。

 

しかし、MRM 吃音プログラムの著者である中村しょうさんは、吃音は病気でも身体障害でもないと言っています。

 

 

吃音は、人の認識がもたらす産物だともおっしゃっています。

 

とはいえ、精神的な問題で吃音が引き起こされる、と単純に一言で言えることでもないようです。

 

僕は、MRM 吃音改善プログラムを実際に体験しています。

 

内容もすべて見ました。

 

パラダイムシフト編と、マインドシフト編を見て、エクササイズも行いました。

 

そして、難発の吃音を改善することに成功しています。

 

 

MRM 吃音改善プログラムを読んではじめて、吃音が病気でもない、身体障害でもない、ただ、精神的な問題と単純に言い切れない、と言っている理由がわかりました。

 

 

たしかに、吃音の問題は、簡単に「これが原因だっ!!」と一言で言いきれるものじゃないと、今ならわかります。

 

ただ、吃音は病気でも身体障害でもない。という理由は理解できました!

 

 

大事なのは、吃音の原因が何から来ているかを知ること。

 

そして、吃音の原因は、潜在意識の中にあるもので、自分でも気づいていないというところが、吃音を改善しにくいものにしているのです。

 

一度、見てもらいたいですね。MRM 吃音プログラムは、吃音者の人全員に、一度は試してもらいたいマニュアルです。

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムはこちら