中村しょうさんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

大勢の人の前で話すと言葉に詰まってしまう(MRM吃音どもり改善)

僕の場合は、大勢の前でなにかスピーチをするときに、言葉がでてこず、唇や手が震えてしまう…

 

こんな、あがり症と難発吃音のような症状でした。

 

一番顕著にこの症状がでていたのが、大学生の頃です。

 

その頃の自分は、とってもカッコつけているダサい奴だったと思います。

 

 

大学のとある授業で、英語でスピーチをするという課題があり、

 

教室内の、たしか20人くらいの前で、そんなに難しくない英語を話すだけだったのに、

 

僕のその症状がでてしまいました。

 

 

普段から、調子に乗っていた感のあった僕だったので、その光景があまりに滑稽だったのでしょう。

 

普段から一緒にいた友人から、

 

 

「お前めちゃくちゃどもってたぞ(笑)」とか、

 

「正直かっこ悪かったわ(笑)。ダサっ」

 

とバカにされました。

 

 

声も震え、足も震えてしまい、おそらく、授業に参加している生徒たち全員が、

 

 

「なんでこの人こんなに緊張してるんだろ…」と不思議に思ったことでしょう。

 

 

この後くらいから、僕は大勢の人の前で話すことを避けるようになりました。

 

友人同士でも、5人くらい集まって、急に自分にみんなの視線が集まり、注目されると、言葉が出なくなる時もありました。

 

 

いま思い出しても、本当に恥ずかしいです。

 

その後、就職するのですが、就職先でも、朝礼で言葉を発せなければならない時には、

 

汗がどっと噴き出し、どもり、緊張で声が震えてしまいました。

 

 

どうにかしたいとずっと思っていたのですが、大勢の前で話すことを避け続けて、何とか場をしのいできましたが、

 

やはり仕事の都合上、こういったあがり症とどもりを治したいと思っていました。

 

 

MRM吃音どもり改善プログラムは、こんな時に出会ったマニュアルです。

 

今では、どもりと、あがり症さえも改善されています。

 

本屋さんで買うことのできる書籍の内容とは、やはり一線を画していました。

 

アプローチの方法が違うという感じです。

 

それが、僕には合っていたようです!

 

 

僕よりも、重度のどもりを抱えている人にとっては、僕の悩みは小さいと思われるかもしれませんが、

 

自分なりにかなり悩んできました。

 

もし、重度の吃音どもりで悩んでいる人でも、「MRM吃音どもり改善プログラム」はきっと力になってくれますよ!!

 

 

 

MRM吃音どもり改善プログラムはこちら